冬に使う作業服の上着を決めるポイント!作業が最優先!

2018-11-07
作業服1

作業服の上着は色々な機能があります。

特に冬の上着は体温を保つために、重要なアイテムになるでしょう。そんな上着を選ぶときにはポイントがあります。

上着を何となく選ぶよりは、ポイントを押さえながら選んだ方が良いものが買えます。ここでは冬に使う作業服の上着を選ぶポイントを解説していきます。参考リンク>>burtle作業服

ポイントが分かれば買いやすくなるでしょう。

冬の作業服は動きやすさが重要

上着を決めるポイントとしては、動きやすさがあります。作業服は動きやすいものでないと、作業がやりにくくなります。そのため、上着には動きやすいものを選ぶ必要があるのです。ただし、そのような上着を選ぶときには、試着することが重要です。

試着することで、フィット感や動きやすさを確かめられます。試してみないとあとで後悔することもありますので、試着をして確認することが大事です。また、動きやすさを重視するなら、素材を確かめることが大切になります。

素材によっては動きにくいものがあるからです。上着にストレッチ素材が入っていると、伸縮性があるために動きやすくなります。ストレッチ素材以外にも動きやすいと、感じる素材は人それぞれあるでしょう。そのような素材を活用している上着を選ぶことで、作業がしやすくなるのです。

他に、動きやすい上着を見つけるために重要なことは、ブランドから判断することです。ブランドによっては、動きにくい上着があります。同じブランドであれば同じ仕様になっていることが多いです。そうなると、上着を買っても、動きにくくなってしまうでしょう。

そうではなくて、自分に合うブランドのものを選ぶと、しっくりくることがあるのです。動きやすいブランドを覚えておいて、そのブランドを選ぶことは有効な手段です。

デザインは機能性重視

作業服4

上着を選ぶポイントに、デザインを重視する人は多いです。しかし、作業服は作業することを優先する方がいいです。そのためには機能性にポイントをおくことが必要になります。機能性を重視すると、上着の選び方が変わってきます。

着心地なども重要ですが、作業をするときに使いやすいかを確認するのです。例えば、作業をしていて袖口が邪魔になることがあります。袖口が絞ってある方が使いやすいのであれば、そのような上着を選びます。他にもポケットの位置も重要です。

腕にポケットがあると便利であれば、腕にポケットがあるタイプを選ぶといいでしょう。他にもジップアップの方が、使いやすい場合もあります。さっと着れたり、脱げたりする仕様の上着がよければ、その機能があるものを選びます。

上着を機能性重視で選ぶと、作業を効率的に行う手助けになるでしょう。

作業服におすすめのベルトって?選び方のポイントや購入方法について

忘れてはいけないのが通気性

冬の上着を選ぶときに、あまり重視しないのが通気性です。しかし、通気性がないと作業で動くときに、汗だくになる可能性が高いです。作業をするときには予想以上に動いています。そうなると、知らない間に汗をかいています。

通気性がよければその汗を冷やす効果がありますが、通気性が悪いとどんどん服の中の体温が上がってしまうのです。そうなると、上着の中身があせだらけになるでしょう。通気性がよくて、防寒になるという上着であれば、冬の作業着としてはかなり重宝されます。

防寒ができることは最低条件

冬の上着を考えたときに防寒できることは、始めに考えるポイントです。防寒できなければ、寒いまま作業することになります。

特に暖かい部屋の中で作業をするのでなければ、防寒着は必要でしょう。防寒できる上着は動きにくいものが多いですが、その中でも動けるものを選ぶことが重要です。一般的に防寒と動きやすさは両立できないものですが、バランスが良いものを選ぶことが大事です。

どちらも重視していなければ、バランスが良いものを選べません。片方に寄らないように気を付けましょう。ただし、防寒できて動きやすいものがなければ、動きやすいものを優先する方が作業の効率は上がります。防寒は下に着る服でも調整することができます。

下に着る服で体温の微調整をして、上着は外からの寒さをシャットアウトするように使いましょう。

大きめのものを選んでおくといい

上着は一番外側に着ることが多いので、大きめのものを選ぶことが大事です。下に何かを着ることを考えると、大きくないと下に着ることができません。

特に冬の寒い時期には着込んで作業をする人は多いです。そのようなときに、上着が小さいと少ししか着れなくなります。それでは寒いまま作業することになるでしょう。また、大きめのものであれば、ゆったりと着れるために動きやすくなります。

着たときにきつい服ですと、肘などが動かしにくくなるのです。肩や肘などが動かしにくいと、作業効率が下がる可能性があります。大きめのものであれば、そのような窮屈さがないので作業がしやすくなります。

撥水加工は大切なポイント

冬でも雨や雪の日があるでしょう。そうなったときには、撥水加工がポイントになります。撥水加工があると、天気を気にしないで作業を進めることができます。例えば、濡れてしまうと動きにくくなりますし、寒くなってしまって作業どころではなくなります。

撥水加工があれば濡れないので、一気に体温が下がる可能性が低いです。作業をしていれば、突然雨や雪などが降ってくることはよくあることです。そのようなときに作業を中断しないためには、撥水加工をした上着は役に立つでしょう。

着心地は大切になる

着心地は上着を選ぶ上で重要なポイントになります。着心地が悪ければ、その上着を何度も着ようという気にはならないからです。ただし、着心地の良さは機能性などのポイントと、相容れないかもしれません。その時は、他のポイントを優先させた方が作業の効率は上がるでしょう。

他のポイントをクリアした上で、着心地が良いものを選ぶことが大事です。ただし、着心地を優先させたいときには、他のポイントをある程度クリアするものを選ぶことが重要になります。

手元が見える上着を選ぶと作業がしやすい

作業服は作業をするためにあるものです。そう考えると、自分が作業している手元が見えることは大切です。最低限作業している部分を見て、確認しながら作業できる上着を選ぶことが重要でしょう。そのためには、自分の作業に合っている袖口かを、重点的に確認することが大切になります。

想定できる作業を考えて、その上着で実行可能かをイメージしましょう。