使い捨てを目的とした作業服の選び方

2018-11-07
作業服9

作業服は汚れやすい環境の中での着用に適した衣類です。用途の性質上、頑丈な作りで長持ちする製品が普通ですが、用途によっては一回から数回程度の使用で廃棄する使い捨ての作業服もあります。使い捨ての作業服は洗濯や長期使用を考慮しない作りなので、選ぶ際は使用環境を考慮することが大切です。

作業服が必要な作業現場の特徴を学び、使い捨てが出来る製品を上手に活用しましょう。

作業服の着用が適している作業環境と衣類としての機能について

汚れが付きやすく、頻繁に体を動かす環境での仕事に従事する際は作業服を着るのが最適です。作業服は通常の衣類と比べて作りが頑丈なので、激しい動きでも生地が傷みにくい特徴があります。また、厚手の生地で作られている物も多いので摩擦や引っかけにも強いのが過酷な環境での着用に適している理由の一つです。

作業服は汚れが付きやすい環境での着用を前提に作られているので、汚れが目立ちにくい暗色の生地が使われるのが一般的でした。しかし近年では作業服にもファッション性が重視される傾向があることから、白色を中心とした明るい配色の製品が増えています。

特に夜間の作業では視認しやすい理由から明るい色合いの作業服を着る人が増えています。作業服は様々な業種で使用されている衣類ですが、汚れが多く、引っかけなど衣類の傷みが生じやすい環境での作業に多く使われる共通点があります。

作業服はポケットの口がボタンやファスアーで閉じる作りになっているので突起物に引っ掛かる危険が少ない他、厚手の生地はわずかな量であれば熱湯や薬品の刺激を緩和出来るのが利点です。また、作業服の多くは類似したデザインなので、複数のスペアを用意することで順次、新品と入れ替えることが出来ます。

つなぎの作業服は細かい部品を多く扱う業種で用いられていますが、上下が一体化した作りなので部品や薬剤が腹部から衣類の内側に入り込んでしまう危険が無いのが魅力です。

作業服を使い捨て扱いにする理由と適する作業服の特徴

衣類は通常、生地が傷まない限り何度でも繰り返して着用するのが普通です。しかし、作業服の場合は生地に目立った劣化が無くても少ない回数の使用で廃棄することがあります。これは作業服を着用した作業環境に大きな問題があるためです。

人体に有害な成分が多く存在する作業現場では、衣類を繰り返し使うとそれだけ健康被害に見舞われる危険が大きくなります。自宅での洗濯は作業現場にある有害な成分を持ち込んでしまうことになるので、そのような環境で使われた衣類は廃棄するのが家庭内の安全を守るための心得です。

生地の傷みなど具体的な不具合が無いように見えても、有害な成分が付着している危険があるのでもったいないと思わずに、安全を第一に考えることが重要になります。その一方で着用するたびに作業服を廃棄していると、新しい作業服を購入するための支出が膨大なものになり、家計を圧迫してしまいます。

経済面での不具合に見舞われないためには使い捨てに特化した作業服を選ぶことが大切です。しかし、頑丈な作りの作業服は高額な厚手の生地を使っている物が多いので価格も高額化しやすいのが難点です。また、衣類はかさばるので廃棄する際も処分費用が多くかかってしまうことがあります。

そのため、使い捨て用の作業服は通常の衣類を転用するのではなく、使い捨て専用の軽くて薄い生地で作られた製品を選ぶのが処理時のコストを減らすための工夫です。

使い捨て作業服の選び方と使い方について

使い捨て作業服を用いる際は着心地が良く、廃棄する際もかさばらない物を選ぶのが良い方法です。また、作業環境に応じて通気性や防水性など、特定の機能を向上させた製品を用いるのが作業効率の向上に繋がります。使い捨て作業服はあまり高級な生地が使えないので、数回の使用で摩擦や変色などの劣化が生じるのが普通です。

中でも不織布で出来た使い捨て作業服は通気性が高く、軽量で着心地も良いのが大きな特徴です。不織布は普通の布と比べると非常に耐久性が低く、手で引っ張っても簡単に破れます。生地の耐久性だけを見れば作業服には不向きですが、非常に軽く、高い通気性を持っているので高温になりやすい環境での作業に最適です。

また、静電気の作用で微小な汚れの粒が吸着しやすい特徴があるので、粉じんが飛散する環境での作業にも向いています。不織布の作業服は一般的な作業服と比べるとはるかに安価で、製品によっては数百円で購入出来ます。

購入費を大幅に低く抑えることが出来ますが、不織布は非常に破れやすい生地なので引っかけや引っ張りに弱い点を注意することが大切です。また、不織布は水を通すので液体の汚れを遮断する効果はありません。また、雨天時の屋外での作業にも不向きです。

水に濡れる環境で使用する場合、防水コーティングされた製品を選ぶのが無難です。しかし、防水性を向上させるために皮膜で覆われた不織布は通気性が大幅に低下しているので蒸れやすく、汗に濡れた内側の生地から破れる危険もあるので丁寧に扱う必要があります。

使い捨て作業服を購入する際の業者選び

使い捨て作業服はその使い方から、常に複数の在庫を用意しておくのが作業効率を向上させる大きなポイントです。

通常は一回だけの使用でそのまま廃棄するので、一人分の作業服は多めに置いておく必要があります。使い捨ての作業服をまとめて購入するのは店頭よりも通販の利用が向いています。通販でのまとめ買いは店先まで出向く手間が省ける他、まとめ買いによる大きな荷物の持ち運びも不要なのがメリットです。

作業服をはじめとする作業用の物品を専門に扱う業者も多いので、品質が良く扱いやすい製品を選んで購入することが可能です。特に不織布で出来た使い捨て作業服は消耗が激しいので、大量に購入するには在庫数が多い通販業者の利用が適しています。

通販業者からの購入はまとめ買いに便利であることや運搬の手間が省ける他、割引や店頭では販売していない製品の紹介などのサービスが利用出来るメリットがあります。また、市販品には無い特殊なサイズの作業服の作成依頼を受け付けている業者も多いので、使い捨てでありながら快適に着こなせる一着に仕上げることが可能です。

冬に使う作業服の上着を決めるポイント!作業が最優先!

古い作業服を使い捨てに転用する際の注意点

長く着続けて生地が傷んだ古い作業服を使い捨てに転用する方法もありますが、生地の傷みは引っかけなどのトラブルを招きやすいので注意が必要です。また、古くなったことで生地の耐久性が大きく低下していることから、新品の使い捨て作業服と比べると熱水や薬剤による刺激に弱い点も注意します。

古い作業服を使い捨てる際は汚れ以外の問題が無い、安全な環境で用いるのが無難です。